証券営業マンはつらいの?

入社して一か月の人間の言葉なんてなんの信ぴょう性もないし、信じてもらえないかもだけど、書いていきます。

つらいです。

想像を超えていました。

 

自分もね、コミュ力があるとか、対人スキルに優れているとか、そういう自負があって就職したんですけど、まー関係ないですよ。

だって人とまともに話せないですから。

人のこと嫌いになりますよ。

 

大学生が言うコミュ力があるとか、対人スキルだとか高が知れています。

「自分はなんだか大丈夫な気がする」とかいう謎の自信を持っている本当は陰キャなのに志望している人はマジで止めた方がいい

 

否定的なことばかり書いていて、なんだこいつって思われてると思うので、こんな人は向いているってのを一つ上げておきます。

ナンパ経験1000人とか振られた回数が100回超えたとか、そういう人は多分向いていますよ。

振られれるのが怖いから告白したことないとかいう人はまず間違いなく向いていない。

仕事だからと割り切れる場合もあるかもしれないが、そんな人間がリスクを取ってまで営業をする必要がありますか?

 

入社して一か月でブログ始めて、つらさを書きなぐるやつがいますか?今一度志望しているならよく考えたほうが良い。

もしどうしても興味を捨てられないというのなら、近くのお家をピンポンして回ったらどんな仕事なのか分かるはず。

そうだなあ、話す内容としては「こんにちは、お忙しいところすみません。卒業旅行の費用が足りなくて困っています。話だけでも聞いてくれませんか?」なんてどうでしょうか?

これをピンポンして100件くらい回ることが余裕だというなら、適正は大いにあります。電話でもいいですよ、適当にハローページとかタウンページで適当にかけてみてください。

ピンポンもできない、通話もかけれない、そんな人間は営業できないので向いてないです。

 

自分はスカイプとかで見知らぬ人と通話することが多かったので、その経験も活かしてうまくできるだろうとか思ってましたよ。

でもそういう通話と、営業の電話は違うんですよ。まじで違う。雑談に続くこともめったにない。まずは試してみて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です